女の人

プチ整形が叶える美しい私の姿|コンプレックスが自信に変わるまで

アフターケアを丁寧に

ウーマン

いよいよ、プチ整形を実際に受けて後はダウンタイムの過ごし方に気をつけるだけです。ダウンタイムと言うのは、美容外科で施術を受けた後の体を休ませるための期間で、術後の影響もあって見た目には変化があります。プチ整形の中でも人気の高い二重形成術の場合、メスを用いない埋没法でもまぶたがぷっくり腫れ上がり、予想していた二重幅よりもはるかに広くなるでしょう。しかし、その状態がずっと続くわけではありません。術後、2日、3日、1週間と時間の経過と共にダウンタイム中の腫れは必ず落ち着いてきます。そのときに痛みが生じることはほとんどありませんが、稀に痛みを訴える人もいます。それは術後の麻酔が切れたものによる痛みですが、数日続くようであれば、利用した美容外科にて痛み止めを処方してもらいましょう。
福岡の美容外科ではダウンタイム中の経過を丁寧に確認する為、術後1ヶ月以内に再度来院してもらうよう促しています。埋没法なら必要ありませんが、切開法だと糸でまぶたを留めている状態なので抜糸も必要になります。抜糸するときにはまた少しだけまぶたが赤くなって腫れてしまいますが、施術直後よりも落ちついたものです。メイクやシャワー、サウナなど始めてもいいタイミングは医師にしっかり確認を取り、プチ整形を受けた目元に負担の掛からない生活を意識しましょう。

福岡でプチ整形を受けるとき、術後の変化を周囲の人に見られたくないということがあれば、術後のスケジュールを調整するなり工夫しましょう。少なくとも3日ほどは赤みはひきません。腫れが完全にひくまでには1ヶ月ほど掛かるので、それを隠すなら眼帯を使う手もあります。その場合、さすがに両目に眼帯をするわけにはいかないので、片目ずつプチ整形するといいでしょう。プチ整形を交互に受ける人は実際にいて、やはりその理由は家族や知人にプチ整形を受けた旨を隠したいからというもの。福岡での有数の美容外科では利用者の都合にあわせて施術のスケジュールも組んでくれるので、カウンセリング時に相談してみてはいかがでしょうか。
プチ整形は昔よりも費用が安くなったことから、施術を受けるときのハードルはかなり低くなったでしょう。仮にプチ整形を受けずに元の姿のままで過ごしていたとしても、アイプチなりアイテープなりで二重にする為のお金を掛けるなら、いっそのことプチ整形を受けてしまった方が楽かもしれません。誰でも初めてプチ整形を受けるときは緊張しますが、自分の人生を変えるほど価値あるものになるかもしれませんね。福岡で生まれ変わりを体験するならまずは相談してみるといいでしょう。

Copyright © 2017 プチ整形が叶える美しい私の姿|コンプレックスが自信に変わるまで All Rights Reserved.